ベビーチェアはお子さんに座らせてみて家族にも合ったものを選ぶ

サイトマップ

Baby Products

ベビーチェアを買う時に失敗しない方法!

ベビーチェアって結構いろいろ種類が有って気になりますよね。有ると便利そうだし、でもどれが良いのか分からないし。本当に迷ってしまいます。せっかく買って来たのに実際に赤ちゃんに使ってみると使い勝手が悪かったり、倒れてしまったり、危なかったりして後悔をしてしまう事も多いはずです。そんな時、ベビーチェアを購入する時にチェックしておけば失敗しない方法があるんです。
それは、まずネットでベビーチェアの種類を探してみて、自分が使ってみたいタイプの物を選んでみましょう。ベビーチェアも低めのタイプと背の高いタイプと色々と有ります。普段最も使うかも知れないタイプを選んだり、大人用の椅子とかに取り付けられるようなタイプを選ぶと長く使えて便利です。床にそのまま置いて使う場合にはチェアの脚が有る物とチェア自体が床にしっかりと置ける脚無しタイプも有りますが、脚無しタイプの方が赤ちゃんがぐずってしまっても倒れたりしないので安心です。
また、テーブルが取り外ししやすい物を選んでおくと、テーブルを外して洗えたりするので衛生的だし、赤ちゃんを座らせて遊ばせておきながら用事をしたい時にもテーブルが有ればテーブルにおもちゃとかを置いておけるので安心して用事も出来るのですごく便利ですよ。最後は気に入った商品が見つかったらその商品のクチコミを見て納得したものを購入すれば失敗しないでベビーチェアが購入出来るはずです。

赤ちゃんに最適なベビーチェアとは?

ベビーチェアとひとことで言っても、いろいろなタイプがあり、どんなものを選んだらよいか、迷ってしまいますよね。値段も、タイプもいろいろありますが、月齢の小さい赤ちゃんでも使えるのは、ハイローチェアです。ハイローチェアには電動のものもあれば、手動のものもあります。なかなか寝ない赤ちゃんをあやすのは大変なことですが、ハイローチェアに寝かせてゆらゆらさせておくとスーッと眠ってくれる赤ちゃんもいるようです。ハイローチェアはテーブルがついているものがほとんどなので、離乳食の時にも使えます。高価なものですが、長く使えることを考えるとやはり便利なアイテムだといえるでしょう。
新生児期には使えなくても、腰が座ってしまえば、安価なものからも選べます。赤ちゃんをすっぽりとはめるタイプのベビーチェアは、腰座り少し前でも使うことができます。赤ちゃんにとって、いつもと目線が変わるのはとても新鮮なことで、おりこうにしてくれることもあるようです。
離乳食が始まる頃には、なんらかのベビーチェアが必要ですが、高さを変えられる椅子は子供が成長しても長く使えます。また、テーブルに取り付けるタイプのベビーチェアは、外出先でも使えたり、省スペースで便利です。いろいろなタイプのベビーチェアがあるので、家の間取りや使い勝手で最適なものを選びたいですね。

ベビーチェアーのタイプはいろいろあるから座らせてみる

ベビーチェアーにも色々なタイプがあり、どのようなタイプのベビーチェアーを買うかは非常に悩むところです。1人目のお子さんの場合はわからないことだらけですので、手探りで商品を買うことになるのではないかと思います。まずオススメの方法ですが、赤ちゃんがベビーチェアーを利用するのは腰がすわって離乳食を食べ始める頃からです。そのため、赤ちゃんが産まれる前に急いで商品を購入してしまうと、失敗してしまう可能性もあるというわけです。
なぜなら、赤ちゃんによって、どんな椅子に心地よくすわってくれるかは違うからです。赤ちゃんがそろそろ離乳食を始めようかなという時期になったら、赤ちゃんを店舗に連れていき、一度店頭においてあるベビーチェアーに座らせてみるのです。赤ちゃんはどんな椅子を気にいるか、実際に試してみるのです。すわらせると嫌がって泣くような椅子を買ってしまっては意味がありません。
そして、ハイチェアーローチェアーで悩んでいる場合、1つは知り合いでもう子育てが終わったママから譲ってもらえる可能性がないかを探るのです。ベビーチェアーは折りたたみ式でない場合結構場所をとってしまいますので、いろんなタイプのものが家にあると邪魔にもなるため、2つ買ってしまうのはもったいないかもしれません。譲ってもらったものでうまく活用できなければ、新しい違うタイプのベビーチェアーを買うというのも1つの方法でしょう。


赤ちゃんの生活をより快適にするベビーチェアを購入しませんか。すくすくと元気に育つにはベビーチェアがあると便利です。子育てを控えているというお母さんはベビーチェアをいまのうちに購入しておくといいでしょう。

TOP